心療内科で心も身体も健康になる|ボディ&ソウルの対処法

どこで診療を受ける

診断する女性

心療内科では心身症を扱います。よく精神科と心療内科を混同している場合がありますがそれも無理はありません。精神科の診療範囲を扱っているにも関わらず、心療内科と看板を掲げているクリニックも最近では多くなっているからです。精神科といえば今までの歴史の中でもトラウマや潜在意識など、専門的な用語を使う場所だと知られており、夢診断やエディプス・コンプレックスなど、どこか哲学的なものだと捉えられている部分もあります。その結果身近な医療ではなく専門的で近寄りがたい学問のようなものだと捉える人が多いのです。精神的な病気であるうつ病などを発症する人が増え、世の中に知識が浸透するにつれ、人に身近に感じてもらえる様な体制を整える雰囲気が医療現場でも生じてきました。それも影響して心療内科というような、心療と内科という身近に感じる言葉を精神科も使うようになったのです。

しかしそういった状況が心療内科や精神科、はたまた神経内科どちらを受ければ良いのかわかりにくくする状況を生んでしまっています。もし心が辛い、身体に異変が起きているときストレスが原因ではないかと言われた、という場合はこの精神科と心療内科の違いについて調べてみましょう。心の病とはつまり脳が原因となっている場合もあります。それが心療内科の治療範囲内なのか、精神科で治療するべきなのかを把握することが大事です。

例えばうつ病を治療するとき、精神科か心療内科どちらで受ければ良いのか分からない、といった人もいます。うつ病は実は色んな病気と間違えられることもあり、うつ病と診断されたが実は違う病気だった、ということもあります。それはうつ病が身体的な症状も引き起こすものでもあるからです。うつ病になるとやる気が身体が重く動かない、腹痛を起こすこともあります。ストレス外来を扱っている場合、心療内科でも精神科でも、ストレスが原因になった病気を調べて治療してくれることもあるのです。うつ病は本来精神科の治療範囲内ですが、メンタルヘルスクリニックではこの治療も受け付けている場合もあります。